気づき、断酒。

お酒のない生活で気づいたこと、それ以外のこと。

「抑圧」

アルコール依存症に至る部分で外せないことを書いてみようと思います。

ここからカウンセリングへも繋がっていきます。

 

自分は父親の抑圧を受けて育ってきました。

手は出ない父親でしたが言葉は強く重く。

「バカ」 「クズ」 は日常の言葉。

身体的特徴をバカにされたり。

楽しいことがあると後にひっくり返される。

自分中心に家族が収まっていないと気がすまない人。

抑圧でそこに収めようとする人。

お酒を飲むと言葉が激しくなってたと思います。

 

そんな幼少期。

そんな子供は育つ過程で、 自分は人より劣っていると思うようになるんですね。

家でも学校でも自信を持った言動ができない。

何するにも不安で異常に緊張をします。

友達とも顔色を伺うような付き合い方。

気持ちが内に内に入っていきました。

親の言葉が絶対であり実家へ依存していたので実家を出ることもできません。

そんな心理を抱えたまま大人になっていきます。

 

生き辛さを感じていましたが打破しようとする自分もいました。

高校生からドラムを始めて文化祭ステージで活躍。

20代半ばでやっと実家を出るきっかけを掴み脱出。

プロドラマーを目指した本格的な活動。

これは結果うまくいきませんでした。

ですが海外で演奏する機会もできました。

そして1回目の結婚から戸建ての購入。

仕事も精力的に取り組みました。

 

他にも殻を破りたい気持ちに突き動かされ取り組みました。

しかし根本が見えていないのでほころびが生じます。

自分の存在意義を強引に作っていただけ。

自分へ注目を集めて存在価値を感じていたいだけ。

せっかくできた人との繋がりも自信が無いので浅くなりがちです。

結婚しても不安と孤独感はずっと根っこに残ります。

何をするにも歪んだ必死さで取り組み、 歪んだ心の溝を埋めるため酒量が増えていきました。

 

その頃父親と絶縁状態になり実家出禁になりました。

酔った父親の言葉に我慢が爆発したのです。

酒量も増えたので前妻の希望を受け禁酒を始めました。

禁酒と書くのは自身をちゃんと認めずに始めているからです。

我慢の禁酒は不安定な日もたくさん作りました。

ですがなんとか続けていました。

 

先ほど書いた戸建てを購入し1年ちょっと経った頃。

2011年3月11日14時46分。

この時首都圏で生活していました。

そしてこの時間は東京の地下深くの薄暗い所で仕事中でした。

揺れは長く大きくひとりでいた為多大なストレスを受けます。

テレビでは現実とは思えない映像が流れて世の中がひっくり返っていました。

 

これをきっかけに不安が大爆発します。

漠然とした大きな不安感です。

前妻へ行き場のない不安をぶつける程距離が開いていきます。

自分の家にいても孤独感を強く感じ始め禁酒が終わりました。

アルコールと心理の関係を知った今ならわかります。

不安と孤独とアルコールの悪循環の始まりでした。

その悪循環はパニック発作を引き起こしうつ状態になりました。

精神科で社会不安障害と診断されます。

休職、復職を繰り返しながら生活しました。

不安と孤独感を埋めようとすればするほど深みにはまります。

埋め方も自己中心的だったと思います。

 

その結果はわかりやすく現れます。

離婚と離職が続き更に孤独を味わう療養生活へ入りました。

実家も出禁なので母親とこっそり連絡を取る程度です。

不安の言動は人を離れさせ絶望だけが残りました。

自身のことなど微塵も見ることができません。

他人のことなど更に無理でした。

郊外へ引越し毎日のように泣いて暮らす生活が始まりました。

巨大な孤独感を埋めようとアルコールへ流れます。

そしてネットにうつな言葉をただ吐き出す日々。

そんな中ネット上でとある女性とよく話をするようになりました。

 

次回へ続きます。

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ