読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づき、断酒。

お酒のない生活で気づいたこと、それ以外のこと。

「対策」

過去 AC

前回の続きです。

 

カウンセリングの最初2回くらいは自分の話。

ここまで書いたことをかいつまんで話しました。

話し下手な自分の言葉をうまく拾ってもらい伝えます。

結局この日は過程を伝えるので精一杯でした。

  

しかし自分の思考の作り方を見つけてもらえました。

自分の頭の中は言語化された部分が少ない。

五感のイメージで考えているそうです。

言われてみれば全部五感イメージだな、、、と思います。

 

自分の考え方が見えてきた所で不安感対策。

まず何が不安なのかわかりません。

無意識下で膨れ上がってしまいます。

そうなった時何があったか聞かれました。

大きな失敗はもちろん些細な

「注意」「反対意見」

これにも過剰な反応をしていました。

 

ヨメさんと会話の中でパニクってしまう時これが多いです。

些細な事から不安を予期して思考が暴走しているみたいです。

たしかにパニックを起こした時は最悪な結末まで思考が巡ります。

その最悪が全部自分にあると思い自己否定をします。

そして最後に謝ります。

ごめんなさい。

もうしわけない。

自己を全否定して謝罪しそれを否定してもらう。

もの凄く歪んだ肯定欲求です。

これは自己否定というキーワードで検索し度々出てきたもの。

ですがとても思い当たる点が多いです。

 

カウンセリングではまずパニックの回避を考えました。

不安を感じ始めた時に気づける方法は無いか?

よくパニック障害等では胸が痛んだり苦しくなったりします。

そんな予兆はないか? 思い当たるなら胸に手を当ててみたりしてみよう。

もちろん他に何かあればそれでもいいよ。

そう言われ考えました。

 

そこで思いついた自分の癖がありました。

不安などでストレスを感じた時口をつぐみ奥歯を食いしばるんです。

口呼吸ができなくなり鼻のみで浅く早い呼吸になります。

先生と話しながらこれはちゃんと呼吸できていないと思いました。

そこで自分の予兆としてこの食いしばりをあげました。

そして触れてあげる行為は顎をポンポンとして口の力を緩める。

これを実践してみることにしました。

 

カウンセリングも引き続き受けることにします。

続けていく中で不安感に名前をつけてみようということになりました。

そこですぐに思い当たる名前がありました。

たまたまその前にお義母さんとカウンセリングについて話をしていた時のことです。

この不安って何なのかよくわからないという話になって、

「おばけみたいね」

というお義母さんの言葉にピンときてました。

実体がわからなく怖い存在。

怖くもあるけどコミカルなキャラも存在する。

良くなろうと考える中でいい表現をいただけたと思っていました。

そこでつけた名前が、

 

おばけちゃん

 

自分のイメージ世界の話です。

この時点では無色透明なドロッとした存在。

そしておばけちゃんがまとわりついている存在に気づきます。

3、4歳くらいの姿をした自分でした。

 

次回へ続きます。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ