読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づき、断酒。

お酒のない生活で気づいたこと、それ以外のこと。

さまよう孤独感

服薬で抑うつや不安などは改善できます。

アダルトチルドレン(アダルトチャイルド)の克服にはカウンセリングを選択しました。

徹底的に自己分析していくやり方が合っているみたいです。

昨年相談していた父のことから始まる「漠然とした不安感」やパニック。

これらは解消へかなり向かっています。

 

断酒を始め気づいたのが「漠然とした孤独感」です。

同居前とはいえ新婚で家族にしっかりと受け入れてもらえている自分。

何も孤独感など感じる必要は無いんです。

ですが些細なことで感じ、溜め込み、暴発。

それが良くないと知りつつ出どころも対処の仕方がわからない。

まるで子供の様なひがみを発してしまいました。

家族関係に歪みを作るくらいのを。

 

様々な感謝の出来事。

感謝している内側にどうしても現れる孤独感。

言葉で言い聞かせる。

「そんなことを感じる場面ではないよ」と。

しかしわからない、できない。

わからない自分に自己嫌悪する。

どうして感じてしまうのか?

感じた孤独感をどうすればいいのか?

相談するにも感覚が違いすぎて伝わらない。

孤独感を伝えることが悪意から発せられるものとして認識された返答も受けました。

そして抑圧してしまった。

この孤独感を今は臨床心理士さんに相談してます。

カウンセリングは断酒継続がテーマで始まりましたがやはり孤独感がポイントになってきてます。

 

この漠然とした孤独感にアルコールを流し込む。

アルコールの離脱症状が始まるとより大きな孤独感が来る。

更にアルコールを流し込む。

永遠に満たされることのないアルコールの器です。

自分のアルコール依存症はこうやって仕上がっていったのだと思います。

 

ツイッターのフォロワーさんが

「幸せをつかみにいくこの道程にワクワク」

とツイートされていました。

とても素敵な向き合い方だと思います。

自分もそう向き合えるようになりたい。

 

 

お酒の無い生活90日目でした。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ