気づき、断酒

てれんこてれんこ、お酒のない生活。

素面で向き合うこと

断酒を始めてから素面で自身と向き合い続けました。

そしてこれまで書いたように今までアルコールで麻痺させてきたものが見えてきました。

 

アルコールで失ったモノや時間。

これからの生活。

アルコール依存のきっかけになっているAC心理。

そのAC心理がとても悲しく辛い現実。

それを克服できるかどうかの不安。

 

それらが一気に重くのしかかり最近の投稿にあるように悩む時間が増えました。

ツイッターやブログに気分が落ち気味と書いていることも増えました。

今日は先週採血した検査の結果を聞きにクリニックへ。

結果は良好。

コレステロールと尿酸が少し基準から外れていましたが減量で充分対応できるとのことでした。

 

そしてこの気分のことを話しました。

うつ状態になりかけてるとのことです。

かつてうつを経験しているのに全然自覚できていませんでした。

混乱しているのですね。

実は生きる辛さを感じすぎて自殺妄想もしていました。

 

今後の対策なのですが自分は投薬治療にどうしても抵抗があります。

かつてSSRIを断薬まで持って行った時の苦労。

抗不安薬の倦怠感と眠気。

薬品に過敏な体質のため効きやすい反面負担も大きいんです。

 

しかしここは投薬治療を迷っている場合では無いのでしょうか?

抗不安薬は作業員としての業務に支障が出るのと一時しのぎにしかならないので無いと思っているのですが、抗うつ薬は自分の場合断酒一年の間くらいは飲んで良いイメージ作りの手を借りた方がいいのかなとも思い始めてきました。

 

自身の混乱もあるので判断が難しいところです。

切りだすのが難しいのですがヨメさんにも相談しなくてはいけませんね。