読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づき、断酒。

お酒のない生活で気づいたこと、それ以外のこと。

斜め上から見ている

f:id:nancoopon:20160720181001j:plain

ふと朝つぶやいた。

意外な反響。

もう少し掘り下げてみる。

 

 

飲酒欲求は常に脳内にある。

それを認識している。

それが依存症だと考えている。

飲みたくなって当たり前。

何するにもどこかで考えている。

 

お酒のない生活の幸福感。 

飲まないことで初めて得られる。

今とても充実している。

気力体力に満ちている。

失う時間はない。

失うものもない。

 

家族を失ってしまった。

もう償うこともできない。

自分にできることは回復することのみ。

回復する未来に向かうしかない。

 

これを常に頭の斜め上に置いている。

自分が全体を見渡す時。

斜め上が一番見渡せる。

そんな意味を込めている。

 

依存症というもの。

一生の付き合い。

回復手段は断つこと。

断つための心を作ること。

この心の隙間。

依存症は常に狙っている。

あらゆる角度から狙っている。

 

依存症も斜め上から。

そんなイメージ。

自分と同じ視線。

依存症は自分自身。

自分自身が依存症。

 

自分自身が隙を狙っている。

欲求は自身の中から起きる。

 

自身による自身の為の斜め上のからの考え方。

 

回復への決意。

アルコール依存症の自分。

アダルトチャイルドの自分。

お酒のない生活。

成功を育てる生活。

 

今までとは違う世界へ来た。

これはお酒のない生活で成り立つ。

お酒のない並行世界。

ここの住人でありたいと思う。

永遠に。

 

飲酒する自分がいる悲しい世界。

何もかも失った世界。

 

対する飲酒をしない世界。

気づきと興味に溢れた世界。

何かを得ていく世界。

 

どっちがいいかは明確。

だからこの二つの並行世界に境界線を引く。

二度とまたがないように。

しっかりと、明確に。

 

飲酒欲求は残念ながら意識でどうにもできない。

しかし境界線は意識次第で強固に引ける。

 

誰も幸せになれない悲しい世界。

それを作り上げたのは自分自身。

それを悲観的に考えたくない。

 

回復は希望。

どうせなら幸せな回復へ向かおう。

もう一度書かせて欲しい。

 

家族を失ってしまった。

もう償うこともできない。

自分にできることは回復することのみ。

回復する未来に向かうしかない。

 

相手に伝わることがなくても。

 

境界線の根として張らせている。

そして強く枝も張らせている。

 

境界線のこちらにいるのが当たり前。

自分はこれで幸福感をやっと得られた。

だからお酒の席も楽しめる。

意思が強いと言われた。

何かが違うと思った。

自分はこちら側にいるだけ。

それだけの底つき経験をした。

それだけの幸福感を感じている。

当たり前のようにこっちにいる。

 

強いて言うなら。

アダルトチャイルド。

0か100の性格が働いているかもしれない。

ACの有効活用。

これもまた一生の付き合い。

活かしてあげる。

 

認識している断酒の世界とのズレ。

断ち続ける為の活動。

ちゃんと理解はしていない。

 

自己流のお酒のない生活。

過去記事のまとめ。

重複した内容も多い。

ここまでの気づきを積み上げた。

自分の経験に基づいた自分なりの向き合い方。

失敗したらちゃんと報告します。

 

 

写真:昨晩 県庁前交差点 和歌山城をバックに

斜め上から

 

今後ともお酒のない生活を。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ