気づき、断酒。

お酒のない生活で気づいたこと、それ以外のこと。

悪夢を歩く

f:id:nancoopon:20161025215318j:plain

前回の記事の数日後。

再飲酒。

スリップは続く。

止めるきっかけを失う。

ツイッターの仲間より。

誕生日に止めてみたら?

できるだろうか?

あまり自信はなかった。

 

続く連続飲酒。

仕事はギリギリできた。

だがそれ以外は飲まれた。

毎日。

身体が悲鳴を上げる。

それでも毎日。

酒気が身体から吹き出す。

嫌悪感には飲酒欲求は勝った。

 

酩酊しながらでも。

溢れる思い出。

ひたすら消化したかった。

思いがけない過去も蘇る。

酩酊の夢を見続けた。

決していいものではない。

悪い消化の仕方だ。

しかし想いを吐き続けた。

結果消化は進んだ。

 

10月23日。

約束の日がきた。

 

二日酔いで迎える。

解毒に徹する。

その日はあっけなく終わる。

不眠が始まる。

 

翌日離脱うつがくる。

安定剤で乗り切る。

不眠は続く。

 

さらに翌日の今日。

少し身体が軽くなる。

乾いていた肌が喜んでいる。

仕事のストレスを極力回避。

あとは寝るだけだ。

酒気がない、嬉しい。

 

月始めより不安は弱い。

まずは生きてみる。

シラフで消化してみる。

 

アルコールとは戦わない。

あなたは自分にただ必要のない存在なだけ。

 

 

写真:和歌山市ぶらくり丁の夜

 

再びお酒のない生活を

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ