読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づき、断酒。

お酒のない生活で気づいたこと、それ以外のこと。

本当ですか?

f:id:nancoopon:20170323195648j:plain

三段壁。

人が吸い込まれる崖。

引越し後あまりの世界の狭さに絶望した。

鬱々としこの景色が浮かんだ。

 

和歌山にいた時。

このままいていいのか?

この仕事のままでいいのか?

関西に馴染めてる?

馴染めない部分もあるんじゃない?

葛藤していた。

 

悩みに悩んだ。

今の職の誘いで東京行きを決めた。

2年半前まで近郊に住んでいた。

2年半前まで働いていた。

またできる。

その気持だった。

 

とても切ない気持ち。

名残惜しい気持ち。

いい人たちの笑顔。

和歌山に残してきた。

何度も何度も振り返った。

何度も何度も。

これでよかったんだ。

自分は東京の人だから東京で働く。

それが本来の姿。

そう気持ちを抑圧した。

これでよかった。

自分で選んだから。

 

いざこの地に根を下ろす。

空の狭さ。

人の塊。

すべてがただのモノに見える。

動くただのモノ。

そのモノが音を発していた。

身動きが取れなくなった。

2年半の重さを痛感する。

 

狭い。

狭い。

狭い。

動けない。

狭い。

狭い。

 

その日にアルコールへ手を出した。

 

勤務が始まる。

通勤で人の塊に混ざる。

自分は何をしているんだろう?

流れに任せて歩く。

歩幅は狭い。

周りが流れていく。

ギスギスした空気。

殺伐とした空気。

ただただ多くの意識が流れている。

 

初日から職場の悪いところの話ばかり。

職場環境もとても悪いことがわかる。

まったく聞いてない体系も知る。

契約外の業務もあった。

そんな現場だった。

 

でも自分で決めたことだから。

慣れなきゃ。

慣れなきゃ。

追い詰めた。

更に鬱々とした。

肩の力を抜こうと指摘をいただいた。

 

この地で初めての精神科へ。

先日の記事の内容。

ここから断酒が始まる。

 

離脱症状はとにかく鬱だった。

鬱に鬱を重ねる。

それでも休むわけにはいかない。

自分で決めたことだから。

自分で決めたことだから。

 

やがて同僚から更に現場の闇を知る。

この現場に長く居ては自分を守れない気がした。

まだ試用期間のうちになんとかしよう。

自分を守ろう。

ここで慣れることあっても心は壊れていく。

毎朝鬱々とした。

朝陽が嫌いになった。

 

休日必死に癒やした。

でもあまり癒えなかった。

空気が狭い。

 

やがて知った。

転勤願者が既にいる。

でも引き止められている。

上の人以外意欲のない人達ばかり。

現場崩壊寸前。

 

ここで慣れろと?

鬱々とした気分にしかなれない。

踏ん張ったら消耗するだけ。

 

つらい。

離脱症状だから?

すでに鬱状態だったのに?

踏ん張れば楽になる?

ここで??????

つらい。

ここで??????

楽になるの?

離脱症状だから?

本当に?

 

失敗と思ってはいけない?

苦しさから和歌山の元同僚へ連絡。

パイプを作れた。

その日は少し安心した。

引越をして初めて安心という言葉を使った。

 

失敗と思ってはいけない?

離脱症状だから?

それだけだから?

踏ん張れば楽になる?

 

今までの離脱症状

三段壁なんて頭に思い浮かんだことないのに?

気づいたら遺書を脳内で書いたことないのに?

 

本当ですか?

たったの断酒4日目だから?